はぎれでニット帽



リサイクルの日、45㍑のポリ袋いっぱいのはぎれ布を処分した。

お片付けは、模様替えの第一歩。

それでも処分しきれない、思い入れある布がいっぱい!



そんなはぎれから、帽子が二つできた。


カーディガンジャケットの残りで、ニットキャップ。
帽子-1

裏地は付けないで、黒のニット用接着芯をはった。

クラウンは4枚はぎ、簡単で頭にもフィットする。



ウール圧縮ニット地でベレー帽。薄い花柄コットンの裏地つき。
ベレー帽

当然、つぎはぎだらけなので毛糸のハンドステッチでごまかした。

それにしてもステッチ下手すぎ(;д;)

まあ、人目は気にせず・・・、軽くて温かいということで。




スポンサーサイト

バックオーライなアイロン




スチームの出が悪くなったアイロンを買い替えた。

不具合は、毎日の出番に加えて何度も床に落としたから・・・。

アイロンも悲惨だけど、熱くて重い物体に激突された床板も可哀想。

アイロンの置き位置が不安定なのが原因で、これを機にミシン部屋の模様替えを計画中。



新しいアイロンは、
アイロン



向きを変えなくても、前進できる形が斬新かな!

例えば、シャツの袖。

そで付けの部分もカフスのタックも一気にいけそうだ。
アイロン面



ご訪問ありがとうございます。

洋服ランキング



キャミソールワンピースを試作



ポッチャリ型の人にオススメ! と娘に教えてもらったクルールさんのパターンで

キャミソールワンピースを作ってみました。


          サラッとした平織り、ウインドウチェックの濃紺のウール地です。

          キャミソールドレス

          丈はロングなミモレ丈? 100㎝以上もあって

          すらっと百済観音像のような縦長印象(*´_ゝ`)


  先日作ったレトロなブラウスに重ねてみました。
  重ねて



  後ろ身ごろには、コンシールファスナー付いてます。
  背中はファスナー



やや問題があるとすれば、ボトム部分がスカートではなくキュロットなので、

長時間の外出には、着難いかもです。

トイレ時に 問題ありそうですね。

コートやジャケットなどを羽織っていたら・・・、個室でひとり大汗をかきそうです。


次は、スカートバージョンで作ることにします。




ブログを書き込むPCデスクの下、ヒビキは散歩もご飯もすんで満足して

スヤスヤ朝寝をむさぼっている。

とても安らかな時間、

私は足の置き場に困り、動かすこともでません。
足の置き場がない ヒビキ



洋服ランキング

ご訪問ありがとうございます。

恵方巻き&ピンタックブラウス



今日は忘れていたけれど、節分。



二度目の転倒をしてから、食欲がないとこぼす義母に、

主は好物のマグロのにぎり寿司を届ける約束をしていた。


出がけに、「いいなぁ、お寿司ランチ」と、いったら一緒に行こうと誘われたが

今日はちょっと縫いたいものがあったので、一人で行ってもらった。



縫いたかったのは、ダウントンアビーで料理長のパットモアさんが着ている木綿のブラウス。

とてもレトロなデザインで、胸の細かいピンタックと小さいボタンがポイント。

ピンタックは昨日縫っておいたので今日は裁断からスタート。

パターンは、色々アレンジで。

ピンタックブラウス


しゃかりきにやったけれど、ボタンホールとボタン付けまでは無理だった。

面倒くさいカフスは、なし。

腕まくりしやすいように、袖口にはゴムテープをいれた。



マグロのにぎりは食べそこねたが、豪勢な海鮮の恵方巻きがお土産だった。

出がけのひとこと、言ってみるものだ。



ご訪問ありがとうございます。


洋服ランキング




また?




昨晩のお月さま、やや欠け始めたころから主はいそいそとカメラをもって

家の中で写せる場所をさがして歩き回っていた。

私は、今晩の皆既月食ショーは2時間余り続くのをtvニュースで知っていたので

慌てず騒がず・・・、

アマゾンプライムビデオで見ている「ダウントンアビー」に見入っていた。

目が離せない場面展開だったから。


で、一時間ほど経って、観た月はこの世のものとは思えない球体で

暗黒の宇宙をバックにすばらしいものだった。





順調に元に戻りつつあった義母。

なんと退院後2週間目にして、また転んで救急搬送!

今度は左足の腿あたりを強打して、痛みから全身に震えと動悸。


幸い骨折は免れて、痛み止めの薬剤をもらってその晩のうちに帰宅できた。

家族には 「不幸中の幸いだったの」と、けろっとして言うが、

内心をおもいやるといかばかりであろうと、推測する。


不安・・・
救急病院に血相を変えて向かった飼い主に この表情。



以前からいつもポケットに入れておいてと言われつつ、使うことなく放置されていた義母のガラケー。

ナントカせねばと主は、家族内オンリーに通話できるシンプル設定にしたスマホに交換し、

画面写真入りの使い方案内までカラー印刷して作り

手取り足取りで繰り返し、繰り返し教えてあげていたが・・・。



転んだ瞬間に、それが手元にあって冷静に通話できるとは限らないのだ。

今回も、前回も転んだときに身近に義妹がいたのは、大いに幸いだったといえる。


義母は勝ち気でせっかちである。

しかし、身近にひとがいるときに、その性格がが災いするのだ。

厄介をかけたくない、出来ることは手伝いたいとの気持ちが先回りして、

手足が追いつかない、ーーー転倒となるのだ。

義母本人が重々わかっているので、言わないけど。


義母に会うたび言われるお誘い、

「今度、○○みさん(私)を「温泉につ・れ・て・い・き・た・い

歩行器なしに歩けないけど勝ち気な義母の夢に、どう答えたらよいのか?

ポーカーフェイスが苦手な嫁である。



発表会の曲は、フォーレの「夢のあとに」。

本来は歌曲だけど、ピアノにアレンジされた

ヤマハのプリント楽譜で練習を始めたが、

全音のピースに難しいけどすてきなアレンジを見つけてそちらに挑戦。

苦戦中です。