デニムのワンピース



桜が満開の日を狙ってお墓参りをした。

両親がねむるその霊園は、静かにお花見ができる穴場。

そこを墓地として選んだ父もこんなに美しい桜の園になるとは想いもよらなかっただろう。



そのまたついでに立ち寄ったスワニーさんで半額になっていたデニムでワンピースができた。

麻と綿混紡のデニムは少々重いので、パンツには向かない。

デニムでわんぴ-1


              デニムでワンピ-2

              TシャツとGパンに重ねて着ると

              体型隠しにはもちろん、

              上下繋がっているので温かくて着出すと脱げないから困る。




三陸産茎ワカメ
茎ワカメ

歯ごたえが残るくらいに塩出ししてから、薄味に煮付ける。

仕上げに黒酢で〆るのが私流。





スポンサーサイト

マーメイドスカート&チューリップ



しっかり目の詰まったコットンプリントでマーメイドスカートできました。

生地は日暮里の岩瀬商店さん。

マーメイドスカート

高田祐子さんのデザインを少しシンプルにアレンジ。

マーメイドといっても

フリフリが内側に引っ込んであまり目立たないところが気に入っています。

八枚はぎ、ちゃんと印をしないとどこがどこやらわからなくなりそうです。

このスタイルは、黒ツィードや白コールテン、デニムなど何枚も作ってます。




          2年目のチューリップが咲きました。

          花がしだいにピンクに変色します。
          2018春花壇-2

          今年はムスカリと同時に花盛り。
          2018春花壇-1

手前はヒューケラ。
2018春花壇-3





4月1日、待ちに待ったフラワーセンターがリニューアルオープン。

財政難の神奈川県をいくつかの民間企業が支えてくれました。

命名権を使って、日比谷花壇大船フラワーセンターとなりました。


フラワーセンター開園

感謝の気持ちを表したくて、入場待ちのこの大行列にも並びました。

おまけに65歳以上の年間パスポートが1,000円です!



双頭鷲ならぬ双頭ヒビキ。
双頭ヒビキ
お花見散歩で、Iphoneマジックか?



お立ち寄り下さりありがとうございます。

えり付きTシャツ&seriaの巣ごもり卵




襟付きカットソー

Vえりカットソーに、テキトーアレンジで衿をつけてみました。

きっかけは時代設定が100年くらい昔の英国ドラマ、

内容はもちろんの面白いのだけれど

とっかえひっかえ着替えるご婦人たちの帽子と衣装が素敵で、ぱくってみました。




寒い冬のあいだ、咲きつづけたオキザリス、すっかりお花は終わってしまったけど

春が来たらたまごが五つ。

オキザリスの卵


お立ち寄り下さりありがとうございます。

春のコート&ピアノ



ストレッチの効いた木綿のコートを縫いました。

大きな衿が気に入っています。

パターンはMPLのワンピースコート(廃番)から。



生地は、現在トマトセレクト館がある場所で営業していた

川原商店さんで購入。

この店は、日暮里の老舗だったのに跡継ぎがいなかったとか?

裁断してくれる店員のおじさんが、エプロンかけて職人風で格好良かったのに、ね。

何年前だろ・・・?

そうやって買い溜めたオタカラがこれから活かせるウフフ

ワンピースコート-2

生地の表面が綾織りでツルッとしているので、花粉が付きにくいかも。



今日は、ピアノレッスンでした。

もっぱら発表会の曲「夢のあとに」を特訓中。

つっかえる箇所は、いつも同じなので数小節ずつ区切って練習するようにと。

そのうちに手が覚えるそうです。

通しで弾くと模範演奏の倍くらい時間がかかるのだけれど

どうなることかと大いに不安。耳鳴りやめまいの原因だったりして(´・_・`)


まあ過去2回の発表会は、運良くなんとかなったので、

先生を信じて、練習するしかないのかな。

これ毎日聴かされてる主とヒビキ、ご迷惑様です。


定番シャツ&すずめ




綿麻素材のストライプで定番シャツです。

綿麻ストライプのシャツ

襟先は丸くしました。

ボーダーやチェック柄はもうやりたくないな〜。



ミシン部屋でのもう一つの楽しみ、バードウォッチング。

ミシン部屋(2階)の窓の下に設置したすずめのえさ場です。
すずめ餌

狭い庭なので、下の部屋から観察しようとすると

警戒心が強いすずめたちは、カーテン越しでも人影をキャッチして逃げてしまいます。


2階からではすずめたちの背中しかみえませんが、

ここに10羽以上の群でご飯を食べる様は、凄まじい!

石ころは、軽いプレートだとひっくり返すカラスの嫌がらせ防止です。

カラスには小鳥の餌ではもの足りないのかな。


隣家の広い庭には、めじろ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、カラス、鴬も。

おまけにすずめを狙うのら猫親子も木登りしてにぎやかなこと!



お年寄りご夫婦のお手入れでは追いつかない程、

とっても広ーいお庭だけど、

ミシン目の疲れを癒すのには、有り難い借景なのだ。