バックオーライなアイロン




スチームの出が悪くなったアイロンを買い替えた。

不具合は、毎日の出番に加えて何度も床に落としたから・・・。

アイロンも悲惨だけど、熱くて重い物体に激突された床板も可哀想。

アイロンの置き位置が不安定なのが原因で、これを機にミシン部屋の模様替えを計画中。



新しいアイロンは、
アイロン



向きを変えなくても、前進できる形が斬新かな!

例えば、シャツの袖。

そで付けの部分もカフスのタックも一気にいけそうだ。
アイロン面



ご訪問ありがとうございます。

洋服ランキング



スポンサーサイト

また?




昨晩のお月さま、やや欠け始めたころから主はいそいそとカメラをもって

家の中で写せる場所をさがして歩き回っていた。

私は、今晩の皆既月食ショーは2時間余り続くのをtvニュースで知っていたので

慌てず騒がず・・・、

アマゾンプライムビデオで見ている「ダウントンアビー」に見入っていた。

目が離せない場面展開だったから。


で、一時間ほど経って、観た月はこの世のものとは思えない球体で

暗黒の宇宙をバックにすばらしいものだった。





順調に元に戻りつつあった義母。

なんと退院後2週間目にして、また転んで救急搬送!

今度は左足の腿あたりを強打して、痛みから全身に震えと動悸。


幸い骨折は免れて、痛み止めの薬剤をもらってその晩のうちに帰宅できた。

家族には 「不幸中の幸いだったの」と、けろっとして言うが、

内心をおもいやるといかばかりであろうと、推測する。


不安・・・
救急病院に血相を変えて向かった飼い主に この表情。



以前からいつもポケットに入れておいてと言われつつ、使うことなく放置されていた義母のガラケー。

ナントカせねばと主は、家族内オンリーに通話できるシンプル設定にしたスマホに交換し、

画面写真入りの使い方案内までカラー印刷して作り

手取り足取りで繰り返し、繰り返し教えてあげていたが・・・。



転んだ瞬間に、それが手元にあって冷静に通話できるとは限らないのだ。

今回も、前回も転んだときに身近に義妹がいたのは、大いに幸いだったといえる。


義母は勝ち気でせっかちである。

しかし、身近にひとがいるときに、その性格がが災いするのだ。

厄介をかけたくない、出来ることは手伝いたいとの気持ちが先回りして、

手足が追いつかない、ーーー転倒となるのだ。

義母本人が重々わかっているので、言わないけど。


義母に会うたび言われるお誘い、

「今度、○○みさん(私)を「温泉につ・れ・て・い・き・た・い

歩行器なしに歩けないけど勝ち気な義母の夢に、どう答えたらよいのか?

ポーカーフェイスが苦手な嫁である。



発表会の曲は、フォーレの「夢のあとに」。

本来は歌曲だけど、ピアノにアレンジされた

ヤマハのプリント楽譜で練習を始めたが、

全音のピースに難しいけどすてきなアレンジを見つけてそちらに挑戦。

苦戦中です。



あっという間に・・・




ひと月更新をサボっていたら、広告が入ってしまいました。


その後、義母は無事にリハビリ病院からも退院出来、丁寧なリハビリ治療のおかげで

以前はひどく曲がっていた背中も少々伸びて、仰向けになって休めるようになりました。

もちろん家の中ですが歩くことも出来て、軽い食事の支度くらいはしています。

義母が退院した翌日に、義妹が転んで手首を骨折というアクシデントにはいささか驚きましたが、

こういうハプニングってあるんですよね。自分の身にも覚えがあります。



2ヶ月間の病院生活から脱して、ちょっとボンヤリしてしまってる義母に

 斎藤 孝著 「声に出して読みたい日本語」を届けました。

            日本語


義妹が留守のあいだは、話し相手は愛犬のみ。

歯切れ良い名文がいっぱい詰まってるこの本を、大きい声を出して読むとスッキリ。

私の実証済みです。



ルビちゃんのお気に入りハウス
ルビハウス

るびちゃんのお気に入り


ミカン大好きまよちゃん
雄みかん大好き



                ご訪問ありがとうございます



ああ、スッキリした!



重い腰をあげてようやくはじめたコートのお直しが、3着とも終わりました。

1着につき2日がかりってことになるかしら。


今季はもう着ることはないだろうし、急がなくていいのよ…って言われていましたが

大切な物だと思うと、気になって気になって、

おちおち他のことが手につかないし・・・


ロングのコートなんて一生縫うことはないでしょうけれど、

少しずつ解いていく課程で、プロの仕事を色々と勉強させてもらいました。


ひと抱えもある黒いコートを

ミシン → 作業台 → ミシン → 作業台って移動する度に

熊さんと格闘しているような気分になりました。

上等な滑りのよい裏が付いているからなおのこと、

ズリズリ滑り落ちて、なんか遊ばれてる?みたい。





亡き母が70代のころ、元町の信濃屋で購入したコートが

いまだに処分できずにクローゼットの奥にしまってあります。

お直ししたコートと同じで、ラグランの肩部分が膨らんでいるタイプで

今回のお直しを活かして自分で直してみようかしらと・・・


古代紫の色合いが、私も似合う歳になってきたということですけれど、

ダウンコートの軽さが当たり前になった私が、

ロングなコートを着るようなチャンスなどあるかどうか?

ない、ない、ない。



♪ご訪問ありがとうございます
  応援ポチが励みです

にほんブログ村 その他日記ブログ 60代 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村


えっ、お彼岸?



また三連休なのね・・・

スーパーへ買い物に行ったら、「お彼岸」ののぼりを立てておはぎを大々的に売っていて、

そこで初めて、あぁお彼岸?もうそんな季節?と気付いた次第です。


お墓参りは、年に2、3回義理を果たす程度はお参りしますけれど、

霊園への道路が混むのを嫌って、時期をずらして出かけます。忘れることもしばしばですが・・・

お墓に行かないと、父や母に会えないってことでもありませんしね。

この世に生きてるものの世話で、精一杯が正直なところです。

人もヒビキもまよルビちゃんも庭の草木もね。

とりわけ気温の変動が激しい今の時期、インコたちは目が離せません。

インコストーブのサーモの設定を1度だけ上げました。





ご近所さんに、捕まると長くなって困る方がいて

その方のおしゃべりは、この時期はご先祖さんをどれだけ大切にしてるかという話題。

檀家になってるお寺さんが何回もお経を上げに来るだとか、お布施が幾らかかるだとか。

お仏壇のお花、お水、朝晩のごはんの上げ下げ、

そのお宅のお嬢さんもしきたりをきちんと受け継いでる話とか。

お仏壇しかり、神棚もしかり。

それだけ大切にしているご先祖様のおかげでたいそうお幸せかというと

そうでもなくて、健康面の不安やら空き巣にはいられたり、外飼いの猫への過度な心配も。




この間預かったコートのお直し、重い腰をやっとこさ持ち上げてはじめました。

自分でやっていた洋裁、もう目が悪くて疲れてって、ミシンもロックも処分したのだそうです。

どうして私ごときにおはちが廻ってきたのかよくわかりませんが、

黒いロングコート2着、黒いベルベット調のジャケットを直します。

丈詰め、袖丈詰め、肩幅、身幅を小さくします。

黒い縫いものは、昼間の自然光が明るい時間以外は無理。

それでも疲れて 目が引っ込んでしまいます。



これが片づいたら、たくさんあるもち米で美味しいおはぎを作って

娘と一緒にお墓参りに行って来ます。ご先祖さんも大好物^^でした。

たぶんその頃は霊園の桜も満開。ついでにお花見もできますね。




♪ご訪問ありがとうございます
  応援ポチが励みです

にほんブログ村 その他日記ブログ 60代 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村