洋裁&食材も


ときどき、のぞき見をさせてもらっている洋裁教室のブログで作品展示会のお知らせ、

隣町なのであんりこを誘って出掛けました。

洋裁作品展

会場は予想以上に盛況で、洋裁を楽しんでるお仲間が多くてびっくり!

生徒さんはシニアの方が多いようで、作品も作ってみたくなる

参考になる部分がたくさんありました。

自由に触ってもOK! まずは素材選びが大切なのね。



独学自分路線でテキトー洋裁の私も、

20年若かったらしっかり基礎から習いたかったかも。

でもねぇ、ロングコートを作った方がいうには、仕上がるまで一年かかったって、

お月謝だけでも1万×12ヶ月って、私は普段着しか要らないしねぇ…。

おおいに刺激を頂いて またミシン部屋でなにか縫いたくなりました。


そうそう、あんりこが着ていたジャケットを見つけて

洋裁ブログの方ですか?ってお声がかかったのにはまた驚き!

洋裁オタクの世界を垣間見たような・・・




ランチは、この町で昔から変わらぬ味で人気な焼きそば。
            焼きそば

昭和レトロな照明があったかい雰囲気です。
レトロな中華屋




わが家の冷蔵庫が空っぽなので、駅前で食材をたくさん買いました。

買い物-1

買い物-2

買い物-3

買い物-4



ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 その他日記ブログ 60代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

第3日曜日は江ノ島龍口寺骨董市


潮風が気持ちいい季節、江ノ島の骨董市へ。

朝5時から開くらしいけれど、到着したのは9時頃かな。

いつものことだけど目的は特になくて、ガラクタを見て楽しむだけ。


でも今日は、着物 「どれでも1000円」 てところで見つけちゃった、大島の反物!

古いけど新品、しつけ、ダグがついたままで値札に7万8千円?

柄は渋めの小紋柄、黒地。

シルクの絽の反物も涼しげで…。

結果、2000円で3反お買い上げ。解きの手間が要らないのが何より \(^o^)/



大島紬似合う

しかし、よく見たら大島紬のお値段、ひと桁違いだわ

世が世なら78万、古物商の手に渡ったら千円なのね。


古着屋特有のにおいが嫌で、即洗濯機の手洗いモードですべて水洗い。

干しながら太陽にかざすと、少々の虫食い穴発見で納得!

着尺には不足ってことね。

また布庫のおもちゃが増えた。

ブラウス、パンツ、帽子? 何にして遊ぼうか。


主も寝室に引き上げた夜9時過ぎ、ピアノ練習していたら

愚息が突然現れた。父の日の日本酒とひと月遅れの母の日の花束を持って、

おまけに素敵可愛い彼女さんもご同伴 (((o(*゚▽゚*)o)))

若いモンの時間の観念どうなってるの、実家だって慌てるわ〜



今日のワ・ン・コ

この世で一番の宿敵、掃除機をにらむヒビキ
ヒビキと掃除機




ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログ 60代 日々のできごとへ
にほんブログ村









最近の路線バスは・・・



昨日、あんりこと東神奈川のサカタガーデンセンターへ行ってきました。


東神奈川は横浜駅から京浜東北線に乗りかえて一駅。

でも降りてから、東海道線の陸橋と第2京浜国道を渡るのが・・イヤ。

で横浜駅西口から市営の路線バスに乗ってみたら、

三つ目の停留場がサカタの前、あっちゅうまにとうちゃこです。


運転してどこへでも行っていた頃は、路線バスってなんだか怖くて乗れなかった・・・。

前乗り、後ろ乗り?、運賃先払い、後払い?あいにく小銭持ってないとかね。


最近の路線バスは変わりましたよね。

SUICAにチャージさえしてあれば

どの路線にも対応してピピッで乗降車OK、おまけに少し安い。

運転手さんの態度も激変しましたよね。

質問にも親切に応えてくださるし、お年寄りのお客さんも慌てなくてもいいし。

バッチリとお客様対応マニュアルで教育を受けてるのでしょうけれどね。

人間の命を預かるお仕事のうえ、乗客への細かい心遣い、感謝です。



サカタ店内のカフェでランチして、ハーブ苗を2、3株購入。

帰りも路線バスで横浜に到着したら

嬉しいことに東口のそごう地下でした。



富澤商店で全粒粉とドライフルーツや
パン素材


フライングタイガーでウッドビーズ、一袋200円!
ウッドビーズ


マクラメのプランターネットをちょっとしたお返しにしたら、

とっても喜ばれたのでね。
ビーズでマクラメ


これは眠くて手持ち無沙汰なときにちょうどいい手仕事です。

目も痛くなりません^^






岩手山麓から 風のたより


ブログのお友だち、「布ぅ楽雑記」のクウーママさんが

東京中野の小さなギャラリーで作品展を開いています。

初日にかけつけました、わたくし。
ふらてん-1


「みのむし」
ふらてん-3



「月三夜」
ふらてん-4


「巣ごもり」
ふらてん-5-2



「月夜のきつね」
ふらてん-6


「岩手山麓 柳沢じかん」
ふらてん-7-2


箪笥の抽斗にぎゅう詰めになっていたお父様の衣類を

ハンドワークしたタペストリー。
ふらてん-9



コンちゃん?(10㎝四方)
ふらてん-8


手でふれると、ほろほろと崩れてしまいそうな小ぎれ布、

髪の毛みたいに細い糸で織りなす作品は、繊細なのに頑固。

以前クウーママさんの棲まっていた岩手山麓の風景、数十年の積み重ね。





クウーママさんからかたときも離れたくない、本物のクウーちゃんにも会えました。

ふらてん-2


それから母の片腕になって黙々と気を配る孝行息子さんにも会えました。

たずさわる仕事、ロン毛なポニーテール、真っ黒なおひげ、バンド活動・・・

うちの愚息とダブるとこがいっぱいある息子さん。

でも愛妻さんも保育園へ通う息子さんも居られるんだよね。



22日(金)まで、中野駅南口から徒歩5分、
大勝軒の路地を入ったギャラリー「ヤムチン工芸」にて。
  ヤムチン工芸 中野区中野3丁目14-5  ☎03-3383-6660

クウーママさんのブログ「布ぅ楽雑記」はリンクにあります。

三本立ての鎌倉散策 



二月八日は、針供養の日。

この辺りで針供養といえば、お受験の神様としても有名な荏柄天神。

毎年、ニュース番組の報道で気付いては後の祭りで、実は初めての供養。

サプリのボトルいっぱいに溜まってしまった折れた針を持参しました
                           (多すぎて迷いつつも)。




朱色が鮮やかなこぢんまりとした社殿、シンボルの紅白の梅が咲いて春を感じました。

荏柄天神201602



日頃の感謝を込めて「お疲れさまでした」と、大きなお豆腐に針を休めます。

             お疲れさん豆腐


お豆腐には、おひとり様一本限り。

他の折れ針は、大きな容器が用意されていて全部引き取って下さいました。

             柔らかい豆腐-2


美味しい甘酒もいただきました。
 甘酒おいしい

聞くところによると、一昔前には針を供養する女性で境内がいっぱいになったとか。

今は針を使う人も減ったのでしょうね。



天神様から少し先の鎌倉霊園へお墓参りしてご先祖様にご挨拶後、

ドイツパン屋さんVergFerdでランチ。

             ドイツパンのランチ

         これにデザート(コーヒーと小さなシュー)がついて¥1080。


今日の予定がてんこ盛りで朝から大慌て。

カメラも忘れ、スマホも充電切れたため画像はあんりこからの借り物です。


最後にもう一つ、断舎離した大昔のキンキラキンを大黒屋さんで査定してもらって

お小遣い稼ぎ。日暮里行脚の布資金を調達しました。