キャップ 二つ完成しました

エチノのハチ柄と ゴブラン風織り柄のあるデニム地

同じ型紙でも印象が違う、でも気持ちよくフィットするキャップができました。
atokyappu-1.jpg

先日の試作キャップ(真ん中奥)は、
  ちょっと私には小さめで、浮いてる感じ
  クラウンのトップ部分、上手く丸みがでなくて、尖った印象
  ブリムがぺったんこでうすっぺらい


そんなこんなで、まずは接着芯を3種類購入してきました。

近くのユ○ワヤさんに行ってみましたが種類は多いのだけれど

固さや厚みが似たり寄ったりなものばかりで、欲しいタイプは見つからず

やっぱりスワニーさんで購入。いろんなニーズに対応したタイプが豊富でした。

先端の切れ味がすっごくいいステンレスの小バサミもついでに購入。  
sinnjiiroiro.jpg

6枚はぎクラウンは、型紙の1mmのズレが全体12カ所で1.2cmの差がでるのを実感。

尖ってしまったトップもこのあたりが原因のようです。

型紙のラインの外側をミシンしたら全体のボリュームも大きくなり解決。



こちらは裏付き。バックに隠しゴムテープを入れてフィット感よりアップ。
atokyappu-2.jpg


↓このデニム地はボンディングといって、接着芯が貼ってある素材。

しっかりしてるし重くなるので裏地は省略。周囲にきせをかけながら

グログランリボンで頭囲サイズにフィットさせました。
atokyappu-3.jpg


ブリムは接着芯を貼り、キルト綿を挟み込んで

厚みと固さを調整しました。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます 
スポンサーサイト