裁ちバサミの指定席



わが家のミシン部屋にあるカット台は、60㎝×180㎝、厚み4㎝の合板で

以前は足を取り付けて、ベンチとして使っていた天板の再利用。

部屋のまん中に置いてあるので裁断作業は周囲をぐるぐる回れるので

どちら側からもハサミが入れられ使い勝手は良いのだが。



作業中は、大きな布やら型紙やら雑誌などが覆い重なって

あれっ、ハサミは?って、手探りでさがすことが度々。

ハサミの指定席を作ることにした。

hasamisiteiseki-3.jpg



2、3年前にオープンした鎌倉スワニーさんの新館には

各階にすンばらしく広々したカット台が設置されてて、

丸太ん棒のようなW巾の反物も難なく広げられる。

そして、何丁もの裁ちバサミが危なげなく収納できる5、6㎝の丸い穴が

整然とあけられている。真似したいけど…




うちの合板に丸い穴をあける作業は道具も自信もないので…。

hasamisiteiseki-2.jpg

紙筒を芯に、麻ひもを編んで吊り下げた。

hasamisiteiseki-1.jpg

ハサミの頭だけがでて、底が無いのもミソかな。。。

刃先が痛まず、ゴミも溜まらない。



うちのミシン部屋とその隣の布部屋、独り立ちする前は息子と娘の部屋だった。

だから万が一にも、出戻られたら困るのよね。






スポンサーサイト