今年最後のミシン


明日は今年の最終の燃えるゴミの日。

布部屋に溜まった、今やときめかない素材を捨てるべく整理をした。

40㍑(一枚80円)のゴミ袋ひとつ分を処分。


で、捨てるには惜しい暖かそうなウラ毛のスウェット地が目について

ヤリクリ裁断の末、夫婦のパジャマズボンになった。

冬用パジャマ

私のは前後で色違い!パジャマだから良し




母方の叔母から今年も干し柿が届いた。

夕方にお礼方々電話をすると、待っていたらしく

切るに切れない長電話になってしまった。


この夏、クモ膜下の大手術で命拾いした叔母は

家に隠りがち、話し相手が欲しいのだろう。

生まれてから今に至るまでの自伝を

事細かに、やや恨み辛みをこめて朗々としゃべり続けた。

何回も聞いた話もあれば、コレは初耳という話も。

弾けたように、こんなにも溜まっていたのか?

波瀾万丈な自伝、文章に書き残してはというともうすでに書いて

どこかに応募して佳作になって、その後焼き捨てたって。


群馬の干し柿

叔母の父親(私の祖父)が植えて育て

実った柿の実を叔母が収穫して

一つ一つ手で揉んでで出来上がったこの干し柿。

柔らかくて甘いのに、苦い叔母の魂

しみじみといただこう。



玄関に松をかざり、のし餅用に2升のもち米を水に浸す。

黒豆を水に浸し、正月用に焼き豚を2本作った。


この度はご訪問ありがとうございました。

どうぞ皆様、佳い年をお迎え下さい。

しばらくの間だけコメント欄を閉じました。












スポンサーサイト