クリスマスローズの育て方 園芸相談へ



春めいた2月最後の日曜日、県立フラワーセンターに行ってきました。

毎日ミミと散歩しながらフェンス越しに見てるから、

見ごろな花はだいたい見当がついています。



で、たまたまやっていたクリスマスローズの園芸相談会にも出席して勉強してきました。

なんでもクリスマスローズの原産地はユーゴスラビアの辺り。

乾燥した荒れ地にタンポポみたいに生えてる雑草なんだって。

それを英国の何とかいう園芸家が品種改良して、現代のローズ様に仕立て上げたそうです。



高温多湿が大敵、春から夏にかけての肥料も絶対ダメなどなど、

基本の基の管理方法や、講師先生の独自な植え替え方法を無料で伝授。

ローズ様のファンになってしまいました。


クリスマスローズ展開催中。
クリロ-1

あれもこれも素敵だけど、花色が濃いほうが丈夫に生き延びるそうです。



ここ大船植物園で育成された早咲き桜「玉縄桜」
クリロ-2
ただいま五分咲き、プリムラが黄色い声で応援中!



春一番といえば、マンサクの花ですね。
クリロ-3



すっかり落葉したプラタナスの大木。ベンチのお二人がお似合い。
クリロ-4

プラタナスは、別名「鈴掛の木」といわれる所以ですね。
クリロ-5
実が欲しいけど、待ってても落ちてはこない。


馬酔木の花。
クリロ-6


雪割草
クリロ-7


チューリップと桜草
クリロ-8


スイセンの原種、ジュリアジョーン
クリロ-9


節分草とスノードロップス
クリロ-10



他にも春のお花がいっぱい。

3月4日(金)、5日(土)は、夜も無料開園で、玉縄桜のライトアップが楽しめます。




スポンサーサイト