キャップ&レッスン31回目



カジュアルだけど、柔らかい雰囲気のキャップです。

キャスケット20160422

サイドクラウンは、ドレープを寄せた薄く透明感あるニット地、

トップとブリムは麻の杉綾模様のツイード。

帽子なら試せる異素材の組み合わせです。


ミミちゃんの体調が不安定で、集中したみしん遊びの時間がとれなくて、

帽子作りってちょうどいい(。-_-。)

ごはん命なミミなのに、朝ごはんは食べてくれなくなりました。

朝の散歩から帰ると、また眠ってしまいます。

伴蔵を迎えに
昨日の夕方、伴蔵を誘いに。

仲間が一緒だと少しだけはりきる 




ピアノレッスンでした。

Mソナタ5番Ⅱ楽章の前半、譜読みはほぼできたところです。

手のかたち

この辺り、1小節目はフォルテで、続けて追いかけるようにピアニッシモで。

しかもM特有?音符を増やしてメロディーの繰り返し。

ピアニッシモのレガートは、私が弾くとドタバタに。

ドタバタの原因は手、指のかたちということで先生の模範演奏。

「手の動きを よく見ていてくださいね!」

美しい白い指が鍵盤を滑るように移動、なめらかなピアニッシモ!


次に私。譜面は見ないで手を見て弾いてください。

いつも手元は見ないで譜面を見てることが多いので、不安です。

でも弾くまえに、鍵盤の自分の手を見た瞬間、

シミ、シワ、節くれ立った指の汚さに目を背けたくなって、

汚いから見たくないわーと言ってしまって、先生は爆笑!


この曲が音楽になるように、わたくしのピアノ力には余りあるほど細かいご指導。

先生が頑張ってくれて、どうするわたし。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する