主はみた!



わが家の前面道路の巾は、ほぼ4mの生活道路。

普通乗用車はすれ違い可能ですが、運転に自信の無いドライバーさんは

避ける方も多いです。


昨日の夕方、すれ違いざまにわが家とお隣の境界線にあるブロックに乗り上げて壊し、

一抱えもある庭石をも蹴散らしたまま、行ってしまった赤い車。

たまたまヒビキの散歩から戻った主が、目撃していました。

助手席に乗ってたのはFさん、運転はFさんの娘さん。

高齢のFさんは、4、5軒先に一人住まいの元警察官です。


念のため車の傷を見に行ったけれど、すでに逃走?


赤い車と搭乗者を 確認したまではお手柄だったけど、

現場写真を写さないまま、道路に転がった岩を

危険なために片づけてしまったのは惜しかったなぁ。


今朝、散歩中のFさんに会ったので、「車、大丈夫でしたか?」と聞くと

え、なんのこと?というリアクション! 高齢のFさんは、気がつかなかった?

「昨日うちの前をお宅の車が通ったとき、ゴトンって凄い音がしましたよ」

そこで初めて、昨日の出来事が思い出せた様子。

「お宅の塀は大丈夫でしたか?」と聞かれたのでありのままを伝えておきました。

さてその後の成り行きは?

警察官として勤め上げたプライドもあるだろうし謝るくらいは常識ですよね。


警察署内でドロボー事件がある現代、常識は非常識に?



にほんブログ村 その他日記ブログ 60代 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する