お見舞いのついでに骨董市



義母は、ほぼ予定どおりにリハビリ専門の病院に転院できました。

海の近く、聖母マリアの像が見守るリハビリ病院は、義母もお気に入り。

スタッフも充実してるし、ご飯が美味しいそうで

この分だとトントン拍子にお家へご帰還となるかも知れません。

それからが、実は大変なのだけれどね〜。



この18日になんと91歳のお誕生日を迎えた義母に

鎌倉を舞台にした小説本「ツバキ文具店」をプレゼントしました。

NHKのドラマがとても良かったのと、

幼い頃母親に捨てられて・・・というヒロインとの共通点もあって

退屈な病院生活が少しでも意義深い時間になるお手伝いができそうだからです。




ついでといっては罰当たりかも知れませんが、

この病院と、江ノ電でふた駅先で開催の骨董市で目の保養。

龍口寺骨董市です。

義母の早期回復を祈りつつ、ごーーーん!
延寿の鐘

             あんりこ、しゃがみ込んで何かを物色中。
             物色中

日本製の手回し式アンティークミシンも。
アンティークミシン

わんこにもいっぱい会いました。甲斐犬の信玄君、9ヶ月の少年。
甲斐犬 信玄君

裂き織の帯を接ぎ、縞木綿で裏打ちしたマット。ウン万円!
実母の祖母?が織ったらしい裂き織の帯が箪笥に眠っているので参考にしようかと。
帯を利用したマット

上から下まで自作の服を着た野暮ったい人:(´◦ω◦`): 
でも童心に返って嬉しそう!
嬉しそう


輝く大海原。伊豆大島と伊豆半島がよく見えてます。
大きな海




海を見て清々しました

洋服ランキング





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する