冬はやっぱりスカートでしょ!

今朝は神奈川県もいちだんと冷えて外気温は一ケタ代を記録、

この秋初めて床暖に点火しました。

                       


寒い季節、家に居る日はスカートをはいている。犬の散歩も+ブーツで。

パンツスタイルよりも体温を逃さず、太ももから腰の辺りが温いからである。

去年作ったAラインのワンピース3枚を取っ替え引っ替え

毎日着ている。昨年の記事は→こちら



これは10年も愛用してるヨーク付きのフレアースカート。

                10nennmenosuka-to.jpg
                (型紙はMパターン)

悲しいことに、ヒップハングのスタイルのはずが

ちかごろ(お腹まわりが肥えて)ウエストラインまでせり上がり、

大枚はたいて買ったホームスパンの生地も

いささかよれよれになって、飽きてきた。


で、10年前の型紙を使用して同じ形のスカートを作った。

ka-kisuka-to.jpg

前後の中心線を1cmずらすことで、ウエストサイズが全体で4cm増えて

ヒップハングのスタイルにもどったというわけ。

生地は中厚のウール、ベンベルグの裏地付き。

ペチコートをはいてもいいのだがウエストのゴムがうっとおしいし…、

スカートの裏地は付けることにしている。


ペチコートといえば、ターシャさんを思い出す。

北米、バーモント州の山奥で暮らしたターシャさんは

いつもコットン素材の薄いロングスカートをはいているので気になっていた。

そしたら、冬は寒さをしのぐためにラムの毛を中綿にして

麻とウールとでキルトしたペチコートを愛用していたと何かで読んだ。


まあそこまでしなくても今は

ヒートテックのタイツでもはけば充分温かく、動きも軽い。



ついでにウールニットで定番タートルセーターも。
kogetyata-toru.jpg
大切にしている亡き母譲りの赤サンゴのネックレスをアクセに。


盗人漁船団、はやく中国に戻って!
偽物作りがお得意なのだからサンゴもプラスチック製を生産したらどうなの


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する